【DAMD/ダムド】MC11S.21S/12S.22S WAGON R IMPERIAL Type2 ルーフスポイラー ×ブラックアウト (メッキ) ARTISAN

お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

営業時間 9:00~18:00(土・日・祝除く)

mail : japan@takao-planning.co.jp

【DAMD/ダムド】MC11S.21S/12S.22S WAGON R IMPERIAL Type2 ルーフスポイラー ×ブラックアウト (メッキ) ARTISAN新作が格安

2016年新品【DAMD/ダムド】MC11S.21S/12S.22S WAGON R IMPERIAL Type2 ルーフスポイラー ×ブラックアウト (メッキ) ARTISAN

外壁補修目的や調査の正確性に最も重点をおかれている場合、弊社ではロープアクセスによる外壁ロープ打診調査を推奨させて頂いております。
検査員が建物屋上から吊るしたロープにて降下しながら打診棒を用いて外壁(タイル、モルタル)の浮きを調査していくと同時に目視にてひび割れや、シーリングの劣化を調査していきます。
※ロープアクセス工法による打診調査は、建物の屋上に丸環やロープを安全に固定できるコンクリートの架台や鉄骨が設置されている事が条件となります。

ロープアクセス工法(ロープ打診調査)では足場やゴンドラといった大規模な仮設資材を設置する事なく、外壁タイル等の調査から工事まで行なう事が可能です。
また、建物がセットバックになっている等、デザイン性があり足場やゴンドラが設置し難い建物にもロープアクセス工法(ロープ打診調査)は適しております。

外壁 打診調査(ロープ打診調査)のメリット

  • ロープ打診の場合、足場やゴンドラを設置することなく調査、補修が可能ですので工期の短縮が可能です。雨の日以外は調査可能なので日程調整の手間が省けます。
  • 仮設足場やゴンドラの調査に比べ大きな資材の運搬の必要がなく、また工期を短縮できその結果大きなコスト削減が可能です。
  • ロープ打診の場合、打診棒で直接外壁を叩き、打音を聞き分け浮いているか否かの判断をするため「正確性」に長けている。赤外線調査に比べ補修工事目的に向いています。

ロープアクセス工法(外壁 ロープ打診調査)

  • 様々な形状の建物にも対応が可能
  • 仮設足場や高所作業車より低料金での調査が可能
  • 道路を使用しない為、道路使用許可の申請が不要
  • 足場の設置及び解体の必要がないので工期が短い
  • 小さな調査面積から大きな調査面積まで対応が可能
  • 仮設足場を設置しない為、遮光等の影響がなくテナント様、住居者様の
    ストレスが少ない
  • 仮設足場から進入されて発生する、空き巣の心配がない
  • ロープアクセス工法(ロープ打診調査)は、コストを抑えた外壁補修工事も可能

ロープアクセス工法(外壁 ロープ打診調査)は危険な作業だと思われがちですが、きちんと安全対策をすれば、安全に調査をする事が可能です。弊社では下記の安全対策を徹底し、作業にとりかかっております。

安全対策

地上安全対策 第三者を防ぐ
地上防止対策 作業者の落下防止を防ぐ
  • ロープは 、メインロープとサブロープの2本のロープを使用します
  • メインロープとサブロープは別々の場所に結び、固定します
  • 常に点検された安全なロープを使用します
  • ロープの結び方は、社団法人東京ガラスクリーニング協会が推奨する結び方、及び固定方法を採用しています
  • メインロープ、サブロープが建物と接触する位置にはロープの摩擦を防ぐ為、養生(ウエス等)を行います
  • 業務前と後には必ずロープの状態を点検し、破棄する必要性の有無を確認しています

建物の環境、調査目的に合わせて最適の調査方法をご提案させて頂きます。
仮設足場、高所作業車による調査も可能ですので、、ご不明な点はお問い合わせ下さい。

外壁打診調査(ロープ打診調査)の料金

外壁㎡単価 240円~700円

上記単価は打診面積が1000㎡以上の場合です。

報告書内容
  • 調査概要
  • 損傷立面図
  • 代表的な損傷写真
  • 調査状況写真
  • 損傷数量表

※全国(北海道から沖縄まで)出張調査致します。

外壁 打診調査に関するお見積もり依頼・お問い合わせはこちら

WORKS実績・実例 一覧

外壁 打診調査の事例をご紹介

{yahoojp} {takaoplanning.jp} zt02-zzp01-gui-3622